最新情報

プレスリリース

オタマート紅白歌合戦2016、トリは『ラブライブ!』と『うた☆プリ』
話題のあの曲やグループも!3次元のトリは昨年に引き続き『μ's』と『宮野真守』
フリマアプリ「オタマート」ユーザーアンケート結果発表

2016年12月19日

モバイルを中心としたソフトウェアの企画・開発・提供を行う株式会社jig.jp(本社:東京都渋谷区、本店:福井県鯖江市、代表取締役社長:福野 泰介、以下jig.jp)は、2016年11月に、アニメ・マンガ・アイドルグッズを扱うフリマアプリ『otamart(オタマート)』(以下、オタマート)のユーザーを対象に、理想の紅白歌合戦について、アンケートを実施しました。

【調査概要】
実施期間:2016年11月26日(土)~12月4日(日)
調査対象:“オタク”グッズ専用フリマアプリ『オタマート』ユーザー
調査方法:アプリ内アンケート
投票者属性:男女比率>女性=84.9%(4,556名)、男性=15.1%(810名)

<調査結果の集計方法について>
本アンケートにおいては、アニメやマンガの登場人物(2次元キャラクター)および、実在する人物(アイドル・声優・歌手等)について、紅白歌合戦に出場させたいメンバーを、紅組・白組でソロ・ユニット・グループ問わず各1組選んでもらい、また、その曲名について訊ねました。
集計にあたって、得票数を比べて多かった方がトリに近くなる形となっております。また、同一作品内においては、重複を極力避ける形で得票数の多かった方を優先する形となっております。
各カテゴリにおける出場者20組は下記の結果の通りとなります。

 

■2次元のトリは紅組・ラブライブ!と白組・うた☆プリ、他にも今年話題の作品が続々と登場。

Q. 2次元のキャラクターについて、歌合戦に推したいキャラ名と曲のタイトルを教えて下さい。第2回オタマート紅白歌合戦(2016)、2次元編曲順

<昨年以上に今年の話題曲・神曲がそろい踏みとなった2次元編>
「進撃!巨人中学校」のリヴァイが歌う、刺激的なタイトルのハードロックナンバー『跪け 豚共が』と、EGOISTがオーケストラ仕立ての壮大な世界観で魅せる「甲鉄城のカバネリ」のオープニング曲『KABANERI OF THE IRON FORTRESS』という、エッジの立った初出場同士の対決で幕が上がる2016年の第2回オタマート紅白歌合戦(2次元編)

両陣営4番手には、奇しくも、今年大きな話題となった「君の名は。」と「ポケットモンスター」からの曲が並ぶ展開となりました。

続く白組5番手には秋アニメ一番人気となった「ユーリ!!! on ICE」からヴィクトルが登場し、オープニング曲『History Maker』のカバーを披露。対する紅組は8番手に、アニメ放送開始10周年のアニバーサリーイヤーとなった涼宮ハルヒが登場し、会場を盛り上げます。

13番手のカバー曲『千の風になって』で銀さんが一通りお戯れした後、白組はトリに向けて本気モードに転じ、人気タイトルからのヒット曲で攻めに攻める展開。中でもIDOLiSH7はTRIGGERに競り勝っての紅白初出場で、見事に昨年のリベンジを果たした形となっています。
対する紅組は、「アイドルマスター シンデレラガールズ」の『お願い!シンデレラ』から、今年一番人気な女性キャラとも言える「Re:ゼロから始める異世界生活」のレム(声:水瀬いのり)が歌う珠玉のナンバー『Wishing』を経て、来年誕生10周年を迎える初音ミクのメドレーまで、新旧かつ緩急自在のレパートリーで白組の攻めを柔軟にいなしていきます。

そして、紅組19番手、アニメデビューイヤーでいきなりトリ前のポジションを確保したのは「ラブライブ!サンシャイン!!」のAqoursでした。ニューカマーの躍進という意味では、白組も同様の展開で、鉄板の人気を誇る「うたの☆プリンスさまっ♪」メンバー達を前に、B-PROJECTがあと一歩のところまで…と、こちらもその勢いを見せつける形となりました。

<昨年以上に今年の話題曲・神曲がそろい踏みとなった2次元編>
白組のトリは、昨年に引き続き、今年もアニメ第4期の放送でファンのハートをガッチリつかんで離さなかった「うたの☆プリンスさまっ♪」のST☆RISHが、アニメ各期のエンディング曲をメドレー形式で歌い上げる形となりました。

しかし、紅組のトリに選ばれた「ラブライブ!」のμ'sについては、アニメ2期11話での解散宣言のとおり、ステージ上に登場することがなく、出場者と会場が一体になってのμ'sメドレーで今年の紅白の幕が下りる形となりました。

熱未だ冷めやらぬファンからのリクエストに答える事が出来ず大変残念ですが、μ'sのメンバーが再び集うその日がいつか来るまで、我々はそっと待つことしかできません。

 

■3次元のトリは『μ's』に『宮野真守』、今年話題になったあの曲から神曲まで、そろい踏み。

Q. 3次元のアイドル・声優さんについて、歌合戦に推したい人物名と曲のタイトルを教えて下さい。
第2回オタマート紅白歌合戦(2016)、3次元編曲順

<紅白一歩も退かぬ好勝負が展開の3次元編>
マクロスシリーズ最新作「マクロスΔ」から登場した音楽ユニット・ワルキューレと、ネット発の男性アイドルユニット・アルスマグナの紅白“2.5次元”対決で幕が開いた第2回オタマート紅白歌合戦(3次元編)紅組は、今年大人気となったアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」のオープニング曲『Redo』の鈴木このみを2番手に、序盤から休むことなく畳み掛ける展開。対する白組は2番手にAfter the Rain、3番手に浦島坂田船と、ネット発の人気歌い手で応戦します。

7番手、秋アニメ一番の人気作となった「ユーリ!!! on ICE」のエンディングテーマ『You Only Live Once』から続く8番手、邦画史上に残る大ヒットを今年記録した「君の名は。」の主題歌『前前前世』でRADWIMPSが満を持して登場した時点で、白組が一気に勝利への流れを引き寄せようとします。
しかし、紅組も7番手8番手に乃木坂46と欅坂46というアイドル勢からの刺客でこれに応戦すると、9番手・戸松遥の『Q&A リサイタル!』から12番手・i☆Ris『ドリームパレード』まで、ライブで大盛り上がり必至の神曲を中心に、決して攻めの姿勢を崩さず、13番手、今年連載開始20周年の「カードキャプターさくら」から、菅野よう子作曲による坂本真綾のアンセム『プラチナ』で紅組の勝利を封印解除(レリーズ)。続く14番手・LiSA、15番手・Aqours、そして「Re:ゼロから始める異世界生活」のレム役で今年一気にスター声優の仲間入りを果たした16番手・水瀬いのりが歌う「ViVid Strike!」のエンディング曲『Starry Wish』で逆に王手をかけようとします。
この流れを受けて立つ白組も決して退かず、15番手の嵐から18番手のOLDCODEXまで人気グループの登場が続く堂々の展開。
この好勝負は、アニソン女王・水樹奈々とそれに挑む麗しき皇子・蒼井翔太というトリ前のメドレー合戦ステージまで続いていきます。

<白組トリは絶対王者・宮野真守、紅組トリのμ'sは登場せず>
昨年に引き続き、白組のトリは絶対王者の人気声優・宮野真守が「うたの☆プリンスさまっ♪」歴代オープニングメドレーで務める形となりました。

しかし、紅組17番手の藍井エイルとトリのμ'sについては、既に紅白の時点で活動を休止していたため、今ステージ上に現れる事はなく、2次元編と同様、最後は出場者と会場が一体になってのμ'sメドレーで今年の紅白の幕が下りる形となりました。

 

■今後の展望について
オタマートでは、今回行ったアンケート結果をユーザーの方々と共有すると共に、アプリ運営にも反映していきたいと考えております。今後もユーザーの方々のご意見を大事にし、より良いサービスを提供してまいります。

 『オタマート』とは?
公式ページ:https://otamart.com/
オタマートはアニメやマンガ、ゲーム、アイドル、コスプレ衣装など、いわゆる“オタク”グッズに特化したフリマアプリです。

 

本件に関するお問い合わせ

株式会社jig.jp(ジグジェイピー)
広報担当  Email : press@jig.jp

※記載されている会社名・製品名は、各社の登録商標または商標です。
※このページに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
その後予告なしに変更される場合がございますが、あらかじめご了承ください。