最新情報

プレスリリース

チョコをあげたい男子No.1は一松(おそ松さん)に声優・神谷浩史
フリマアプリ「オタマート」ユーザーアンケート結果発表

2016年02月09日

モバイルを中心としたソフトウェアの企画・開発・提供を行う株式会社jig.jp(本社:東京都渋谷区、本店:福井県鯖江市、代表取締役社長:福野 泰介、以下jig.jp)は、2016年1月に、アニメ・マンガ・アイドルグッズを扱うフリマアプリ『otamart(オタマート)』(以下、オタマート)のユーザーを対象に、「バレンタインにチョコをあげたい男子No.1(バレンタインキング)」に関するアンケートを実施しました。また、今回のアンケートにおきましては、昨今のユーザー数急増に伴い、前回(11月)実施のアプリ内アンケートに比べ3倍強となる、約6,000名の方々のご協力を仰ぐ事が出来ました。

【調査概要】
実施期間:2016年1月9日~11日、16日~18日、23日~25日(計3回)
調査対象:“オタク”グッズ専用フリマアプリ『オタマート』ユーザー
調査方法:アプリ内アンケート
投票者属性(決選時):男女比率>95.8%(5,934名)、男性=4.2%(261名)

<調査結果の集計方法について>
本アンケートにおいては、アニメやマンガの登場人物(2次元キャラクター)および、実在する人物(アイドル・俳優/声優・歌手等)について、時代の趨勢を鑑みて予め設定した複数のカテゴリ枠の中から、各枠の代表者を投票選出し、再度それら代表者達に対する投票勝ち抜き戦を行って1位を決める形式を採用しております。

まず最初に、2次元および3次元の各カテゴリ枠内予選におけるTOP10メンバーは、下記の結果となります。

Q. 2次元のキャラクターについて、以下の枠ごとに1名、「最もチョコをあげたい」と思うキャラ名をご記入ください。

オタマート「バレンタインキング」2次元各カテゴリTOP10

<『おそ松さん』枠は上位2名が大接戦。アイドル作品枠では『うた☆プリ』勢が順位をほぼ独占。>
昨今の大人気ぶりを鑑み、今回の2次元シード枠に設定されたアニメ『おそ松さん』カテゴリでは、1位の一松と2位の十四松の得票差がわずか2票という、まるでドラマのような大接戦の展開となりました。
一方、バレンタインキングの鉄板候補揃いともいえるアイドル作品枠では、『うたの☆プリンスさまっ♪』キャラ達によるランキングの独占を、『ラブライブ!』の矢澤にこが女性キャラとして阻止するという異例の展開となりました。

<スポーツ作品枠では『テニプリ』跡部様が王に。歴史/ミステリー作品枠は戦国武将が天下を制す。>
スポーツ作品枠では、バレンタインを毎年賑わす男、『テニスの王子様』の跡部景吾が安定した強さで1位を獲得。それ以外でも「少年ジャンプ」のスポーツマンガに登場するキャラが多く票を集める傾向でした。
歴史/ミステリー作品枠では、事前の予想として幕末作品に人気が集まるかと思われましたが、蓋を開けてみると戦国武将『伊達政宗』が代表の座を獲得するという結果になりました。

Q. 3次元のアイドル・声優さん等について、以下の枠ごとに1名、「最もチョコをあげたい」と思う人物名をご記入ください。

オタマート「バレンタインキング」3次元各カテゴリTOP10

<アイドル枠はジャニーズ勢が独占。声優/俳優枠では神谷浩史が絶対王者・宮野真守を抑える展開。>
3次元のシード枠に設定された「アイドル」ジャンルでは、ジャニーズ勢が順位を独占する形となりました。盤石の人気を誇る『嵐』の5人以外では、『Hey! Say! JUMP』のメンバーなどが台頭して来ています。
声優/俳優枠では安定した人気を誇る宮野真守や鈴木達央を抑え、神谷浩史が堂々の1位を獲得する形となりました。宮野・鈴木の両名についてはアーティスト枠でも得票を重ねており、枠を巡って票が割れた事も神谷氏勝利の一因かと思われます。

<女性2名が選出のK-POP枠。声優・鈴木達央がTa_2名義でアーティスト枠代表としてリベンジ。>
K-POP枠では有名グループのメンバー達が順当にランクインする中、『KARA』と『少女時代』から女子2名がランクインし、同性にチョコを贈る意識が、さほど特別なもので無くなってきている印象があります。
バンド/アーティスト枠では、鈴木達央がTa_2名義で声優枠の雪辱を果たす形となりました。この枠の傾向としては、やはりカリスマ的人気を誇るバンドメンバーやアーティストの方々が選ばれております。

以上の各枠1位メンバー達による投票勝ち抜き戦は、下記の結果となります。
オタマート「バレンタインキング」トーナメント結果表

<バレンタインキング(2次元)の座は、接戦を制した一松(おそ松さん)の手に>
決選における具体的な得票データを示しますと、一松の51.4%に対して来栖翔が48.6%と、ほぼ互角の戦いを展開したうえで、一松が僅差で勝利を収めている状況です。
今まさに話題の作品である『おそ松さん』の勢いもさることながら、その勢いの良さに互角に対抗できる『うたの☆プリンスさまっ♪』の人気の根強さもいまだ侮れないものがある、といった結果でした。

<バレンタインキング(3次元)の座は、多くの声援を受け、声優・神谷浩史の手に>
こちらも決選時の得票データを示しますと、神谷浩史76.1%に対して大野智23.9%となっております。
やはり、宮野真守や鈴木達央の両氏に並ぶ人気を誇る声優・神谷浩史の面目躍如といった結果と言えます。
しかしながら、また一方で、比較的声優ファン層が多いオタマート内において、25%弱の数字を獲得できる『嵐』のリーダーの、幅広い層への人気と知名度の高さを改めて再認識する結果ともなりました。

■今後の展望について
オタマートでは、今回行ったアンケート結果をユーザーの方々と共有すると共に、アプリ運営にも反映していきたいと考えております。今後もユーザーの方々のご意見を大事にし、より良いサービスを提供してまいります。

 『オタマート』とは?
公式ページ:http://otamart.com
オタマートはアニメやマンガ、ゲーム、アイドル、コスプレ衣装など、いわゆる“オタク”グッズに特化したフリマアプリです。

本件に関するお問い合わせ

株式会社jig.jp(ジグジェイピー)
広報担当  Email : press@jig.jp

※記載されている会社名・製品名は、各社の登録商標または商標です。
※このページに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
その後予告なしに変更される場合がございますが、あらかじめご了承ください。