最新情報

プレスリリース

「津波防災の日」、自治体向けオープンデータプラットフォーム 無料プランを提供開始!
~避難所テンプレート利用が無料、避難所ナビ等 すぐに使えるアプリも用意~

2015年11月05日

株式会社jig.jp(本社:東京都渋谷区、本店:福井県鯖江市、代表取締役社長:福野 泰介、以下jig.jp)は、11月5日より 自治体向けASPサービス「オープンデータプラットフォーム(以下、odp)」の一部の機能を限定した無料プランの提供を開始しました。

odpは、専門知識がなくてもExcelテンプレートを使うことで簡単に5つ星オープンデータ(Linked-RDF)を作成できるシステムで、公開用のデータカタログサイトと、アプリからの検索・取得用のSPARQL Endpointを有しているため自治体でサーバーを持たなくてもすぐに利用が可能です。今回、一番ニーズの高い「避難所テンプレート」を期限なしで利用できるodp無料プランを準備しました。既に、津波対応の避難所ナビアプリ「ヒナンパス」、8ケ国対応避難所ナビなど、odpに対応した様々な市民向け無料アプリが用意されており、自治体が無料プランを使って避難所データを公開するだけで、すぐに利用していただけるようになります。

  ヒナンパス  http://odp.jig.jp/hinanpass/

  5つ星オープンデータ対応アプリ一覧  http://odp.jig.jp/app_list/

        odp02   odpヒナンパス

「津波防災の日」の11月5日に発表したodp無料プランが、津波・防災の意識啓発と防災対策の充実に少しでも貢献できれば幸いです。 jig.jpは、これからも各自治体のオープンデータ化を進める当サービスにより、全国共通で使える地域住民に役立つアプリ開発の活性化を図り、より豊かな社会の実現を目指します。

 

オープンデータプラットフォーム(odp)とは

自治体が保有するデータを、Excelを使いWebから登録するだけで、簡単に汎用性の高い5つ星オープンデータとして公開できるクラウドサービスです。odpはデータを変換して管理するための「オープンデータ登録・管理サイト」と、データ公開用の「データカタログサイト」、アプリからの検索・取得用の「SPARQL Endpoint」から構成されています。

MashupAwards10 「オープンデータ部門ビジネス賞」受賞

odp01

 

 

オープンデータとは

インターネットなどを通じて誰でも自由に入手し、利用・再配布できるデータのことです。主に公的機関が保有するデータを公開することによって、政府の透明性向上や市民参画の促進、さらには新しい市場やビジネスの創造を目的とする世界的な運動として広がっています。

※1 5つ星オープンデータ(=Linked-RDF)とは、PDFやExcelのデータと違い自動処理が可能で、かつ、データに共通の定義を持たせデータベースに集約することで、多角的な情報として活用できるオープンデータが目指す最高の形式。

※2 オープンデータを公開・利用・流通・連携させるための、汎用性を持つ技術・運用ルールが整ったシステム環境のこと。

■odp(オープンデータプラットフォーム)公式サイト:http://odp.jig.jp/

■無料プランに関するお問合せ・お申込み:odp-info@jig.jp  TEL:0778-51-3820(担当:笹川)

本件に関するお問い合わせ

株式会社jig.jp(ジグジェイピー)
広報担当  Email : press@jig.jp

※記載されている会社名・製品名は、各社の登録商標または商標です。
※このページに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
その後予告なしに変更される場合がございますが、あらかじめご了承ください。