会社情報

企業理念・トップメッセージ

株式会社jig.jp 代表取締役社長 福野泰介

株式会社jig.jp 代表取締役社長

福野 泰介(ふくの たいすけ)

企業理念

利用者に最も近いソフトウェアを提供し、より豊かな社会を実現する。

トップメッセージ

ようこそ、コミュニケーション対称時代!
誰もが世界中に情報発信できる時代の本格到来です。

webでつながった世界、HTMLを覚えてサイト作成したのはもう20年前の話。
ブログ、SNSの登場により、次々下がり続ける情報発信の敷居。それと伴い増え続ける情報発信者。
20世紀最強のメディア「テレビ」に匹敵するサービスが、スマホひとつで実現できる時代となりました。

配信サービス「ふわっち」は、地方も都会も関係なく、個と個を強力につないでいます。
多様化し続け、個が輝く現代、今まで見過ごされてきた問題もフォーカスされるようになってきました。

誰もが対等に話し合う、新しい社会づくりのプレイヤーとなるために、もっと速く、もっと使いやすく、もっと多くの人に。
人の力をより拡張するツールを求めて、jig.jpは、技術を磨き続けます!

オープンデータ、IoT、MR、AI、次々登場する新技術をつなぐ、プログラミング。
jig.jpのエンジニアに興味がある方は、こちらもどうぞ!
http://jig.jp/recruit/graduate/

株式会社jig.jp 代表取締役社長 福野泰介
http://fukuno.jig.jp/

略歴

1978年11月8日 石川県生まれ
1999年3月 国立福井工業高等専門学校 電子情報工学科を卒業
2000年 有限会社シャフト設立、CTO就任
2001年 有限会社ユーエヌアイ研究所設立、代表取締役社長就任
2003年5月 株式会社jig.jp設立、代表取締役社長就任(現任)
2016年3月 内閣官房任命、オープンデータ伝道師
2017年7月 総務省、地域情報化アドバイザー

プロフィール

小学3年生の時、何度でも作り直せるプログラミングの世界に出会い、開発言語をBASIC、アセンブラ、C言語と変えながらソフト作りに熱中。

福井高専在学中、研究会やアルバイトでソフト開発に携わり、自分が開発したものを人に使ってもらう喜びを知り、卒業後、フリープログラマーをしながら起業を考える。

2つの会社の創業を経て、現在の株式会社jig.jpを設立。当時モバイルサイトしか見られなかった携帯電話向けに、パソコン用サイトを閲覧可能とする世界初のダウンロード型のフルブラウザ「jigブラウザ」を開発、提供。

「より豊かな社会」を探るため、本店所在地の福井県鯖江市にて、自ら開発したこどもパソコン「IchigoJam」を使った、こどもやシニア向けのプログラミング講座、自治体オープンデータの先駆け「データシティ鯖江」とそれを活用する団体「Code for Sabae」を展開。

高専生の更なる活躍のため、全国の高専からのインターン受け入れ、起業家甲子園のメンター、講演会などを実施。