会社情報

企業理念・トップメッセージ

株式会社jig.jp 代表取締役社長 福野泰介

株式会社jig.jp 代表取締役社長 福野泰介(ふくのたいすけ)

企業理念

利用者に最も近いソフトウェアを提供し、より豊かな社会を実現する。

トップメッセージ

2017年4月、2003年のjig.jp設立以来、15期を迎えました。28年前に誕生し、世界の半分にまで到達したweb。jig.jpは、世界をひとつのネットワークで結ぶ「One Web」をビジョンに掲げるW3Cのメンバー企業のひとつです。

10万年前の発明「言葉」によって始まったコミュニケーションは、webとモバイルによって誰でもどこでも世界中の誰とでも、気軽に話せる形にまで進化を遂げました。20世紀の功績、世界中に張りめぐらされた物流網とwebとの組み合わせは、個人同士の取引を大きく伸ばしました。人とモノとがつながる新しいwebは、それらの進化を加速させます。

後世、21世紀を代表するインフラは「オープンデータ」だったと言われるでしょう。高速化・大容量化・省電力化が進むコンピューターによって、人やモノの活動データが急速に開放・整理・解析され、新たな知見を生んでいます。

次々と生み出される新しい道具、それらをいかに使って道具を創り、提供していくか。jig.jpの挑戦は続きます。

2004年 世界初のダウンロード可能な携帯電話向けフルブラウザ「jigブラウザ」
2010年 携帯電話向けTwitterクライアント「jigtwi」
2012年 日本の自治体初のオープンデータの実現となった「データシティ鯖江」
2014年 すべてのこどもたちにプログラミングを!1,500円こどもパソコン「IchigoJam」
2014年 B2G、行政向けオープンデータ化支援サービス「オープンデータプラットフォーム」
2014年 毎日使うのが楽しくなるスマホ向けブラウザ「検索+」
2014年 オタク向けフリマアプリ「オタマート」
2015年 誰でもどこでも配信「ふわっち」
2016年 気軽に配信「FAN LIVE」

create every day - 福野泰介の一日一創
http://fukuno.jig.jp/

CC BY jig.jp

略歴

1978年11月8日石川県生まれ。国立福井工業高等専門学校電子情報工学科を卒業。2000年に有限会社シャフトを設立しCTOに就任。2001年に有限会社ユーエヌアイ研究所を設立し代表取締役社長に就任。2003年5月に株式会社jig.jpを設立し代表取締役社長に就任(現任)。

紹介

小学3年生の時、何度でも作り直せるプログラミングの世界に出会い、開発言語をBASIC、アセンブラ、C言語と変えながらソフト作りに熱中する。福井高専に在学中、研究会やアルバイトでソフト開発に携わり、自分が開発したものを人に使ってもらう喜びを知る。卒業後、フリープログラマーをしながら起業を考える。2つの会社の創業を経て、現在の株式会社jig.jpを設立。当時モバイルサイトしか見られなかった携帯電話向けに、パソコン用サイトを閲覧可能とする世界初のダウンロード型のフルブラウザ「jigブラウザ」を開発。より豊かな社会のモデルを探るため、本店があり、在住している福井県鯖江市で、こどもやシニア向けのプログラミング講座、自治体オープンデータの先駆け「データシティ鯖江」とそれを活用する団体「Code for Sabae」、首都圏の起業家と交流するITイベントなどを手がけている。また、高専生の更なる活躍に期待しており、全国の高専からのインターン受け入れや講演会などを通じた、後輩のバックアップに取り組んでいる。こどもパソコン「IchigoJam」開発者。内閣官房任命、オープンデータ伝道師。